機材レビュー

2024年最新!ギタリストが注目するオーバードライブ5選!選び方と価格で決めるベストチョイス!

2024年1月21日

<本ページはプロモーションが含まれています>

この記事のおすすめの方

  • Over Driveを探している方
  • Over Drive選びで失敗したくない方
ツクヨブ
ツクヨブ

こんにちは!ギターに特化した情報を発信する『TukuyobuLOG』を運営しているツクヨブです!

オーバードライブの魔法を体感せよ!って事で!

ギタリストの皆さん、あなたのギタープレイに魔法をかけたいと思いませんか?

オーバードライブ・ペダルはまさにギタリストには必須アイテム!

今回は、2024年に特に注目しているオーバードライブ・ペダルを紹介します!

この記事を読むことで、みなさんのギターサウンドを格段に引き上げるための秘密の鍵を手に入れること間違いありませんよ!


格安エフェクターをお探しの方はこちらの記事も参考にしてみましょう!

参考安い!ギター歪み系エフェクターのおすすめ10選!安物でもあなどるな!

安い!ギター歪み系エフェクターのおすすめ10選!安物でもあなどるな!

続きを見る

ギター教室おすすめまとめ

「ギターがもっと上手くなりたい・・・」って方はギター教室へ通ってみませんか?

いまの自分から脱却できること間違いありません!要チェックですよ!

厳選ギター教室
ギター歴25年の筆者がガチでおすすめのギター教室8選!無料体験付き!

続きを見る

Over Driveの特徴

ツクヨブ
ツクヨブ

まずはオーバードライブの特徴について簡単に解説しておきますね。

Over Driveの特徴

  • ギターのサウンドに温かみと歪みを加え、音楽に深みと表現力がUPします。
  • クリーンなトーンから軽い歪み、さらには激しいディストーションまで、幅広いサウンドを生み出すことが可能です。


特にソロプレイやリードパートで劇的に真価を発揮します。

楽曲に感情を込めるための重要なツールとなりますのでギタリストには必須のアイテムって訳です!

Over Driveの選び方

これからOver Driveの購入を検討している方向けに選び方のポイントを解説します。

オーバードライブ・ペダルを選ぶ際には、以下のポイントを細かくチェックしておきましょう!

サウンドの質で選ぶ

ペダルが生み出すトーンの特徴をよく理解することが大切です。

例えば!

トーンの特徴

  • 温かみのあるトーンはブルースやジャズに適しています。
  • シャープな歪みはロックやメタルに最適です。

自分が好きなジャンルと苦手なジャンルでサウンドは全然違ってきますよね。

なので使用するジャンルによって最適なペダルは違ってきます。

ミッドレンジが強調された柔らかいトーン

  • ブルースやクラシックロックが最適

高いゲインとクリアな歪み

  • ハードロックやメタルが最適

価格は予算内で選ぶ

予算も重要です!

オーバードライブ・ペダルは低価格帯から高価格帯まで幅広く存在します。

激安だと3,000円ほどで手に入るものもあれば高額だと数十万ってのもあります。

高いから良いってものではありませんので無理せず予算内で収まる最高のペダルを見つけましょう!

用途も考えてみよう

ライブや自宅・スタジオ録音でも使い方が変わってきます。

ライブの時に細かい設定が必要なエフェクターはなかなか厳しいです。

ライブ時は・・・

  • 直感的な操作性ができて頑丈な構造がおすすめ!

逆に自宅やスタジオで録音がメインって方は

自宅録音メインでは・・・

  • 細かなトーン調整が可能なものでじっくりと調整しましょう。


とはいえ、操作が難しすぎるものは本来ペダルが持ってる特徴を最大限に引き出す事が難しいので初心者は手を出すのは辞めておきましょう・・・

ほんとムズイので。。。

操作性は重要

操作性について先ほどチラッと言いましたが、すげー重要です。

ペダルの操作性で使用する快適さに直結しますからね。

直感的に操作したい方は

  • シンプルに少ないノブやスイッチを持つペダルがをおすすめします。

細かい調整が好きな方は

  • マルチエフェクターで色々試してみましょう!

操作をしていてストレスと感じたらそれはOUTです。

使用頻度もさがってくるでしょうし、宝の持ち腐れになりますのでストレスを感じない程度の操作感があるものを選びましょう!

多様性はどうだろう?

ジャンルをまたいで様々なスタイルを演奏する場合は、多用途性と幅広いトーン範囲を持つペダルが適しています。

これが中々難しいんですよね。今回紹介するペダルは幅広いトーンが実現できるので要チェックです!

おすすめOver Drive5選

おすすめOver Drive

  • Ibanez Tube Screamer (TS808/TS9)
  • Boss OD-3 OverDrive
  • Fulltone OCD (Obsessive Compulsive Drive)
  • MXR M193 GT-OD Overdrive
  • Electro-Harmonix Soul Food

Ibanez Tube Screamer (TS808/TS9)

この伝説的なペダルは、その独特なミッドレンジのブーストと温かいトーンで、ギタリストの間で絶大な人気を誇ります。

TS808やTS9は、細かいニュアンスまで表現できる驚異的な忠実度を持ち、ギタープレイに深みと情熱を吹き込みます。

歴史に残る名曲の多くが、このペダルの魅力あふれるサウンドによって生まれています。


ブルースやクラシックロックに情熱を注ぐギタリストや、伝統的なサウンドを追求するプレイヤーに最適です。

これを使えばギタープレイは間違いなく次のレベルに到達します。

Boss OD-3 OverDrive

¥12,100 (2024/01/21 17:53時点 | Amazon調べ)

Boss OD-3は、その透明感のあるドライブと、どんなギターセットアップにもマッチする高品質なサウンドで知られています。

このペダルは、ギタートーンを繊細に豊かにし、演奏に新たな次元を加えます。

クリーンなブーストからしっかりとしたドライブまで、幅広い用途に対応しています。

さまざまなジャンルに挑戦したい多用途性を求めるギタリストに理想的です。

この一台で、みなさんの演奏は無限の可能性を手に入れるでしょう。

Fulltone OCD (Obsessive Compulsive Drive)

Fulltone OCDは、そのリッチでオープンなトーンと優れたダイナミクスが特徴です。

このペダルは、細かなニュアンスまで捉え、ギターの潜在能力を最大限に引き出します。ゲインレンジが広く、細やかなトーン調整が可能なため、みなさんの音楽的表現は一層深くなります。

精緻なトーンコントロールを重視する上級者や、様々なゲイン設定での演奏を楽しむプレイヤーに最適です。

OCDを使えば、みなさんの音楽が新たな次元へと導かれるでしょう。

MXR M193 GT-OD Overdrive

MXR M193 GT-ODは、そのクリアでスムーズなオーバードライブが魅力です。

このペダルは、オリジナルのトーンを保ちながらも、音の定義を高め、より洗練されたサウンドを提供します。

ロックやブルースのギタリストに特に人気があります。

自然なドライブ感を求めるギタリストに理想的です。

このペダルで、みなさんのギターサウンドは他とは一線を画すでしょう。

Electro-Harmonix Soul Food

Electro-Harmonix Soul Foodは、その高い透明性とヘッドルームで注目されています。

このペダルは、ナチュラルなオーバードライブサウンドでクリーンなブーストから軽いドライブまで、幅広いサウンドを生成します。

幅広いギタリストに最適です。

予算に限りがあるが、質の高いサウンドを求めるプレイヤーには特におすすめです。

まとめ

オーバードライブ・ペダルは、みなさんのギターサウンドを豊かにし、演奏に深みを加えるための必須アイテムです。

今回紹介した5つのペダルは、2024年における最高の選択肢と言えますよ!

今回紹介したOver Drive

  • Ibanez Tube Screamer (TS808/TS9)
  • Boss OD-3 OverDrive
  • Fulltone OCD (Obsessive Compulsive Drive)
  • MXR M193 GT-OD Overdrive
  • Electro-Harmonix Soul Food

しかし、最適なペダルはあなたのプレイスタイルや音楽のジャンル、個人の好みによって異なります。

ぜひ店頭で試奏し、みなさんにとって最適なペダルを見つけてください!

スポンサーリンク

-機材レビュー
-,