ギター悩み解決

ギターはいくらくらいの値段を買うべき?初心者が絶対失敗しないアコギの選び方。

2022年10月22日

<本ページはプロモーションが含まれています>

こんな悩みがある方

  • 初めてギターを買うけどどれを選んでいいか分からない・・・
  • ギターはいくらくらいの値段を買えばいいんだろう・・・
  • 高い買い物だから失敗しくないなぁ・・・
  • 種類が沢山あって選ぶのに迷うななぁ・・・

こんな悩みがある方は必見です!

この記事を書いた人

ツクヨブ
ツクヨブ

こんにちは!ギターに特化した情報を発信する『TukuyobuLOG』を運営しているツクヨブです!

この記事を見ればギターを買う時の基準・失敗しない選び方が分かります!

この記事では「初心者が絶対失敗しないアコギの選び方」について紹介します。


これからギターを始める方はどんなギターを選べばいいか分からないと思います。

ツクヨブもそうでした!


町の楽器屋に並んでる適当なギターを選んで後悔した記憶があります


みなさんはそんな思いをしないようにこの記事を読んで後悔しないギター選びをしてください。

初心者に限らず2本目にギターを欲しいって方にも必見です。

それでは解説していきます!いってみましょう!!!

ギター教室おすすめまとめ

「ギターがもっと上手くなりたい・・・」って方はギター教室へ通ってみませんか?

いまの自分から脱却できること間違いありません!要チェックですよ!

厳選ギター教室
ギター歴25年の筆者がガチでおすすめのギター教室8選!無料体験付き!

続きを見る

ギターはいくらくらいの値段が妥当か|失敗しないアコギの選び方1:値段で決める

アコギの値段はピンキリです。

格安のもので1万円をきるものもあれば、100万円超えのいわゆるヴィンテージギターまでと、すごく幅が広いです。

まずは、自分がどのくらいのお金を出資できるか、その金額のギターは一体どのようなものか解説していきます。

値段の目安|超入門用アコギには手を出すな

入門用アコギってすごく安くて初めてギターを買う人には魅力的ですよね。

入門用アコギって言っても値段が1万円〜5万円くらいまですごく種類があります。

ツクヨブが定義する手を出してはいけない入門用アコギとは、3万円以下のアコギには手を出すなです。

つくお
つくお
2万しかないけどギター欲しいっす!
バイトしてお金が貯まるまで我慢だ!
ツクヨブ
ツクヨブ

では、なぜ3万円以下のアコギには手を出すなと言ってるかを説明します。

3万以下のアコギはやめた方がいい理由

作りが雑なのですぐ壊れます。

壊れたらまた買うか、ギターを諦めるかのネガティブな2択しかないです。

安物買いの銭失い。

まさにこれです。

ただ、本当に飽き性だから超格安のギターでとりあえずやってみたいという方にはこんなギターもあります。

値段の目安|3万円から6万円

初めて買うギターの目安としては3万円~6万円のギターから始めるのは無難だと思います。

6万までだせれば、それなりに納得したギターに出会えると思います。

実際触ってみて、さくっと弾けるギターとしてもいいなと思ったギターはこちらになります。

値段の目安|6万円から10万円

この辺ではもうバリバリ弾いても良い音するのがでてきますね。

各メーカーでもエントリーモデルとしてだしてる値段がこのあたりではないでしょうか。

できれば初めて買うギターはこの値段からチョイスしたいところです。

試奏してみて買いそうになったギターはこちらです。ほんと欲しかったギターです。

おすすめです。

値段の目安|10万円から20万円

大手ブランドのエントリーモデルがこの価格帯から登場してきます。

Gibson、Taylor、Martinはもうでちゃった。。

この価格だと、もう覚悟を決めてギターと向き合わなければならない値段ですね。

ギターの音も飛躍的によくなる価格帯かなと思います。

新品Gibsonが10万円台で買えるってのもいいですね。

是非弾いてみたいギターはこちら。絶対いいはず。

値段の目安|20万円から100万円

もういいに決まってます。

正直お金があるなら20万以上のアコギを買う一択です。

間違いないでしょう.

ツクヨブはこの価格帯の『GibsonJ-45』を所有してます。

【当たり外れJ-45】当たれば最高!Gibson J-45の特徴を徹底レビュー

続きを見る

失敗しないアコギの選び方2|ナットの広さで選ぶ

それぞれギターには特徴があって、ナットの幅(広さ)が違ってきます。

ネックを握ってみてしっくりくるものがいいですが、そのしっくりが分からない人が多いかと思います。

つくお
つくお
全部しっくりくる気がするんだけど。。。
具体的に数値を見て参考にしてみよう!
ツクヨブ
ツクヨブ

標準的なナット幅

標準的なナット幅は『43mm〜44mm』と言われてます。

プレイスタイルに影響するナット幅的にはオールマイティーな位置ではないででしょうか。

まずはこの数値を基準として考えていきましょう。

狭いナット幅

狭いナット幅は『42mm以下』と言われてます。

また狭いナット幅の事をナローネックと言われる事もあります。

代表的なアコギとしては、1965年〜1969年に作られたGibsonのギターです。ナット幅は『39mm〜41mm』くらいでしょうか。

つくお
つくお
狭いナット幅ってどうなの?
説明しよう!
ツクヨブ
ツクヨブ

狭いナット幅の良いポイント

幅が狭いということは、ネックを握りやすいので親指で押弦するロックフォームへの移行がしやすいです。

また、コードチェンジがスムーズにいきやすいです。その為ストロークプレイに適してると思います。

つくお
つくお
なるほど〜!じゃ悪い点はあるの?
悪い点というかネックだけにネックに感じる事もあるかも!
ツクヨブ
ツクヨブ

狭いナット幅のネックに感じるポイント

幅が狭いので指の太い人は押弦した時に、他の弦と干渉してしまう事があるかも。

また、アルペジオの時に他の弦を誤って弾いてしまうって事もあるかも。

つくお
つくお
でもこれは慣れれば解決する問題です!

広いナット幅

広いナット幅は『45mm以上』が広い部類に入ると思います。

主にクラシックギターは広いナット幅になりますね。

ツクヨブ
ツクヨブ
それでは広いナットの良い点を説明します!

広いナット幅の良いポイント

ナットが広いのでアルペジオの時に有効です。弦と弦の幅が広がってるのでフィンガーピッキングが間違いにくいです。

また手が大きいや指が太いって方は窮屈なくプレイできるかと思います。

つくお
つくお
なるほど〜、じゃ〜ネックに感じることはその逆??
YES!!
つくお
つくお

広いナット幅のネックに感じるポイント

親指で抑えるロックフォームはまず無理。キツイです。

コードチェンジがスムーズにいきづらいです。指をガッツリ開く必要が出てきます。

プレイスタイルにもよりますが、ツクヨブ的には広いナット幅はきついです。。。

失敗しないアコギの選び方3|ネックの太さで選ぶ

ネックの太さはこれも色々あります。

ナット幅が広いとネックも太くなるのですが、標準ナット幅でも極太ネックがあったりします。

またネックの太さで音質も違ってきますので、これは是非試奏して自分にあったネックを見つける事が大事です。

ネックが太ければ低音域が強い感じがします。

またネックが細ければジャカジャカと低音が抑えられてると感じがします。

音についてはあくまでツクヨブ的観点です。実際触ってみる、弾いてみるをお勧めします。

失敗しないアコギの選び方4|ボディのサイズで選ぶ

大まかに小さい、普通、大きいになりますが、実はこんな名称があるんです。

参考

000(トリプルオー)タイプ

・小さいサイズです。スモールサイズですね。

ドレッド・ノートタイプ

・一般的なサイズになります。

ジャンボタイプ

・そのままですね。大型のサイズになります。

ギターを抱えてみて自分にあったサイズを選びましょう。

小さいギタースモールボディについてはこちらを参照してみて下さい!

【小さいアコギ】スモールボディの特徴を徹底レビュー。女性も必見です!

続きを見る

アコギの定番ドレッドノートについてはこちらを参照してみて下さい!

アコギの定番ボディ。ドレッドノートについて徹底解説

続きを見る

他のサイズについては記事更新で詳しく解説します。

失敗しないアコギの選び方5|ルックスで選ぶ

ボディの形、色、ヘッドの形それら全てに満足するルックスを選びましょう。

ルックスで選ぶ事はとっても重要です。

ルックスが気に入れば、正直音の良し悪しは2の次です。

ルックスの気に入らないギターを弾いてても、モチベーションは上がりません。

そのせいでギターを辞めたくなる気持ちが強くなったら、元も子もありません。

妥協せずに必ずかっこいいギターを見つけて下さい。

つくお
つくお
僕センスがないから分かりません!
友達の意見も聞いてみよう!
ツクヨブ
ツクヨブ

服選びと一緒です!

家族、友達の意見を聞いてより自分にあったギターを探しましょう!

サウンドハウス

まとめ|失敗しないアコギの選び方が分かれば後悔しない

最後におさらいです。

ギター選びに失敗しない選び方は

ギター選びに失敗しない選び方ポイント

  • 値段で選ぶ
  • ナットの広さで選ぶ
  • ネックの太さで選ぶ
  • ボディの大きさで選ぶ
  • ルックスで選ぶ

以上の事を頭に入れて自分にあったギターを探してみて下さい!

ギター初心者向けにギター練習方法も紹介してますのでこちらも参考にして下さい。

厳選したギターアイテムを紹介しておりますので合わせて参考にしてみてください!

弦はコチラ

ピックはコチラ

カポはコチラ

ストラップはコチラ

スタンドはコチラ

チューナーはコチラ

それでは、enjoy the guitar!!!

スポンサーリンク

-ギター悩み解決
-, , , , , , ,