ギター紹介

【当たり外れJ-45】当たれば最高!Gibson J-45の特徴を徹底レビュー

2022年10月6日

<本ページはプロモーションが含まれています>

この記事はこんな方におススメ

  • J-45の特徴を知りたい方
  • J-45って当たり外れがあるの?が知りたい方
  • J-45が欲しい方

この記事を書いた人

ツクヨブ
ツクヨブ

こんにちは、ギターに特化した情報を発信する『TukuyobuLog』を運営しているツクヨブです。

Gibson J-45ってかっこいいけど、そもそもどういう特徴なの?

Gibson J-45って当たり外れがあるって聞くけどどうなの?


今回はそんな疑問をもってるみなさんに『Gibson J-45』について徹底レビューいたします!

ラウンドショルダーボディから放たれる強烈な骨太サウンド。

たまりませんよね。。。

 

そんなJ-45を欲しい!と言う方向けに

Gibson J-45の魅力・サウンド・諸々徹底的に解説していきます。




ギブソンを持つからにはギターも上手いに越した事はない!ギターが上手くなるにはこちらの記事を合わせてどうぞ。

ギターが上手くならない!?上達しない原因と解決方法。


早い!安い!ギター関連のアイテムを買うならサウンドハウスがおすすめです。
圧倒的な商品数で国内最低価格保証!
お気に入りの商品をゲットしましょう!

\ めちゃくちゃ安い /



Gibson J-45の特徴

Gibson J-45の特徴はどんなのでしょうか?

つくお
つくお
特徴教えてくれっす!
さぁ説明していきます!
ツクヨブ
ツクヨブ

特徴その1〜J-45のサウンド〜

J-45サウンドの特徴

  • 中低音の響きが分厚い
  • 素朴で暖かい音
  • 煌びやかではない

サウンドの特徴としてはやっぱり骨太で中低音の響きが分厚いサウンドです。

高音はキンキンする事はないですね。



どこか乾いた音というか素朴で暖かい音のような感じです。

 

マーチンのような煌びやかな音とは違います。

みんな大好きEコードだけをガンガンにかき鳴らしたくなります。

 

初めてGibson J-45を弾いたら音のレスポンスが良く結構ビックリするかもしれません。

 

特徴その2〜ボディ〜

checkポイント

  • Gibson J-45のボディはラウンドショルダーと言います。

同じくマーチンだとドレッドノートがありますが、ドレッドノートはいかり肩ですが

J-45はなで肩となってます。

ギブソンJ-45のラウンドショルダー

J-45でも色々ある

J-45って言っても色んな種類があります。

年代によってナット幅が違ったり、ネック幅も違ったり、サドルが違ったり。


ざっくり書きましたが色々違います。

勿論これらが違うと言う事は、サウンドも変わってきます。

ナットも細ければ、多少は繊細な音になるでしょうし、ネックも太ければ太いサウンドになるでしょうし。

繊細と言っても本来Gibsonの無骨さはそのままにですが。



とにかく色んな種類があるので自分好みのJ-45に辿り着くのは至難の技かもしれません。

お金があったら10本くらい欲しいものです。


ツクヨブが所有しているのは『Gibson 50s J-45 Original』です。

こちらについてレビューしていますので合わせてご確認ください。

【Gibson 50s J-45 Original】徹底レビュー!現行モデルはあなどれない。

J-45を使用してる代表的なミュージシャン(日本)

独断と偏見ですが、ツクヨブ的には2名を挙げさせていただきます。


クレームは受け付けませんのでご了承ください。

J-45使用ミュージシャン

  • 山崎まさよし
  • 斉藤和義

山崎まさよし

まずは山崎まさよしさんですね。

と書きましたが、最近はJ-45を弾いてるのはあまり見ません。

というか全然見ないかも。

L-00ですかね、小ぶりなのをよく弾いてらっしゃいますね。

友達じゃないので分かりませんが。。。

 

ただ昔の記憶ですが、サウンドホールの思いっきりネックよりで小刻みなカッティングをかましてるのがものすごくカッコよかったです。

ギターで聞かせる曲では『Fat Mama』が好きです。

♪♪♪愛すべきひ〜〜〜と〜♪♪♪

¥2,000 (2023/06/25 14:33時点 | Amazon調べ)

そしてこの方Bluesがすごい。

GibsonとBluesってカッコイイですよね。男の憧れです。

 

斉藤和義

次に、斉藤和義さんです。

この人の黒のJ-45はやばいですね。カッコイイ。。。

『Golden Delicious』のジャケットに写ってるあいつを、ずっと眺めてはこれ欲しいなぁぁと思ってました。


ツクヨブ以外にも絶対そんな人いるはず。それだけ素敵なんですよね。

プレイスタイルもこれでもかってくらいにかき鳴らしますね。

J-45が吠えまくります。

まぁストロークが速くて正確で、とにかくすごいの一言です。

ちなみに好きな曲は『レノンの夢も』ですね。ギターが超かっこいい!!参りました。


そんな斉藤和義さんのギターが痺れるおすすめの曲を紹介していますので合わせて参考にしてみましょう。

参考斉藤和義ファン歴25年の筆者が選ぶギターが痺れる曲おすすめベスト10

合わせて読む
斉藤和義ファン歴25年の筆者が選ぶギターがかっこいい曲おすすめベスト10

続きを見る



J-45にも当たり外れがある

個体によってはあたりハズレがあると言われてます。

結論は間違いなく当たり外れはあります

当たり外れある?

J-45にも個体の当たり外れはあります。

その時の環境にもよりますが、鳴らないやつは鳴らない。鳴るやつは鳴るんです。

 

これはお店で試し弾きすればよくわかります

 

実際ツクヨブは、J-45ほしくて色々試し弾きしました。

そして自分にピン!とくる個体に出会うのは本当に難しいと思いました。

 

友人に借りて弾いたJ-45はものすごく気持ちよく鳴ってくれました。その時の衝撃が自分の中で過大評価されてたのか、

「あれ??こんなもんだっけ?」

っていう事が楽器屋で試奏するたびにたくさんありました。

 

勿論弦の状態が悪いと言うのもありましたが、それを加味してもなかなか自分に合うのはないものでしたね。

もう、「Gibsonって大した事ないかも・・・」

って思ってしまう時期もありました。

 

それでも、中には

「キターーーーーーーー!」

ってくる個体があるんです。

 

なのでJ-45欲しい方は妥協せずに色々試し弾きしたほうがいいです!これは間違いない。

 

J-45の魅力について

やっぱりなんと言っても骨太サウンドですね。

中低域が素晴らしい。

無我夢中でかき鳴らしてしまいます。

体と一体になって俺の声を聞けーー!ってなります。

 

それと指弾きした時は、低音がまさにベース。

Bluesが合いますねー。音が渋い!!


それとルックス!本当エロいボディしてますね。

アコギが欲しかったらまず最初の1本目はこれで決まりですね。


Gibsonにはスモールボディがあります。

これまた渋くてかっこいい音をだします。

Gibson L-00に触れた記事もありますので合わせて参考にどうぞ。

ギブソン l-00はあいみょんも使用している。一体どんなギター?




Gibsonといったらブルースでしょう!Gibsonでアドリブ弾きまくりたい方はこちらの記事でアドリブ力UPしてください!

ブルースアドリブへの挑戦。ペンタトニックスケールで乗り切れ!

まとめ:当たり外れはあるが当たれば最高!

J-45はやっぱりアコギ界の王様だと思います。

J-45の購入を検討している方は自分で手に取ってグッと引き込まれる個体は必ずありますので必ず試奏ありきで考えましょう!

当たりを引いてこれからのギターライフを楽しんでください!

 

これからJ-45の購入を考えてる方がいれば多少でも参考になれば嬉しいです。

 

第2回目の紹介はこちらから!

フジゲンのストラトについてのレビューはこちら

厳選したギターアイテムを紹介しておりますので合わせて参考にしてみてください!

スポンサーリンク

-ギター紹介
-, , , , , , , , , , ,